デトユニフィエはデトックスだけでなく、東洋医学の美人のツボ「経絡」を刺激することにより内側から体を美しく、健康にします。

  • トップ
  • デト・ユニフィエとは
  • デト・ユニフィエの施術の前に
  • 施術の流れ
  • デト・ユニフィエでお悩み解決
  • 東洋医学・経絡について
  • メニュー・料金表
  • よくあるご質問
  • 店舗情報
  • 会社概要

 ご予約・ご質問がこちら 渋谷 0120-516-118 銀座 03-3573-3066 表参道 03-6447-0585

 メールでのお問い合わせ

  • BHY
  • 美容と健康の豆知識が満載 BHYブログ
  • ビューティセラピスト養成講座  BHYアカデミー
  • BHY 鍼灸生花

キーワードで知るデト・ユニフィエ「経路」

気・血・水を整える ~気の流れる道「経絡」を知る~ 気・血・水

東洋医学では、「人間の体内には気・血・水という3つのエネルギーが循環しながら流れており、この流れがスムーズだと健康でいられる」と考えられています。したがって、この3つのバランスが崩れていくと、「なんとなくだるい」「身体が冷える」など身体の不調を感じるようになると言われています。

この発病前の状態を“未病”といい、これは予防医学の原点でもあります。健康を維持するためには未病のうちに身体、体質を改善することが大事であり、それには気・血・水の流れを整えることが大切なのです。

なぜ太るのか? 肌荒れがひどいのか? 変調の原因は、体内のエネルギーバランスにあるかもしれません。

「最近、太りやすくなってきた」「毎日きちんとケアしているのに、ちょっとしたことでお肌が荒れてしまう」などの未病の原因は、実は体内の気・血・水のエネルギーバランスにあります。

体内のエネルギーバランスが崩れると、身体の様々な場所に不調が現れます。お肌の調子がよくないからといって、フェイシャルケアをするだけではなく、何故肌荒れになるのか、そのメカニズムを理解し、身体の内面から(お肌の場合は胃腸を)ケアしなければなりません。また、太りやすい体質も、不要なものを体外に排出する身体機能の働きを良くすることで改善できると東洋医学は教えてくれています。

なんとなく身体に不調を感じたら、まず、その原因を考え、身体の内側からケアしてきましょう。
では、気・血・水のバランスはどうやって整えたらいいのでしょうか? 
それは、体内のエネルギーバランスと深い関わりのある「経絡」に秘密がありました。

PageTop

気の流れる道「経絡」とは?

「経絡」とは、“気の流れる道”のこと。身体の五臓六腑(肝臓・心臓・脾臓・肺・腎臓、胆のう・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦)とつながっており、全身に張り巡らされている神経とも関わりがあると言われています。東洋医学では、この経絡に“気”がうまく流れていないと身体や内臓などの活力が低下し、心に不調が現れる場合があると言われています。逆に“気”が滞りなくスムーズに流れていれば、栄養や酸素が身体の隅々にまでいきわたり、健康でいられると考えられており、経絡の流れをスムーズにしてあげることこそが、健康と美しさへの第一歩なのです。

PageTop

気・血・水の流れを整えれば、 ヒトが本来持っている自然治癒力が向上

では、具体的に気・血・水の流れを整えるにはどうすればいいのでしょうか?

エネルギーバランスの流れを調節する方法として、経絡(気の流れる道)上にある“気”が滞りやすい「ツボ」と呼ばれる場所を温めたり、押したり、叩いたりして、刺激を与えることで“気”の流れをスムーズに整えていくものが有名です。これがみなさんもよくご存知の、ツボ押し療法などです。

また、現代人は身体を動かすチャンスが減り、筋肉が不足していると言われています。筋肉が少ないと熱が発生しないため身体が冷え、気や血が滞り病気になりやすくなるため、身体を温め、硬くなった筋肉をゆるめて血行を促進させることも、“気”の流れをスムーズにする効果があります。経絡のまわりの血流をよくすることで、リンパの流れがよくなり、体内にある老廃物や疲労物質(乳酸)などが体外へと排出され、これにより新陳代謝が高まっていくのです。

【新陳代謝が高まると……】・エネルギーを消費しやすくなり、脂肪が蓄積しにくくなります。・お肌のターンオーバーがスムーズになります。・疲れやだるさを感じにくくなります。

このように、私達はきちんと自分の身体を知り、毎日の生活の中で意識的に気・血・水の流れを整えていくことがとても重要です。
そしてこのエネルギーバランスの調整を行うことは、身体が本来持っている自然治癒力(ケガや病気を治そうとする力)も高めます。これにより未病を防ぐとともに、身体の内側から体質を改善することもできるのです。

監修 医学博士 帯津 良一先生

監修 医学博士 帯津 良一先生

プロフィール

医学博士。日本ホリスティック医学協会会長、日本ホメオパシー医学会理事長。東京大学医学部卒業。82年帯津三敬病院を開設、現在、同院名誉院長。西洋医学に中国医学や代替療法を取り入れホリスティック医学の確立を目指し東洋、西洋の医療融合という新機軸でがん患者などの治療にあたっている。著書に『あなたの自然治癒力が目覚める』『病気にならない全身のツボ大地図帖』『ガンを治す食事療法レシピ』など多数。

PageTop